小池知事は都議会の質疑応答で「大きなネズミは旧体制」とかわしたが、旧体制とは何なのか、都政のどこに問題があったのか説明もせずに、実行したのは幹部職員の更迭だけではないか。地下空間を指示した元石原都知事の雲隠れともいえる対応には、不満を露わにしたが、その後の追及はしていないようであり、黒幕を明らかにはせず、幹部職員の更迭だけでは都職員から不満が聞こえるのも理解できる。なぜ幹部職員は指示に従ったのか、盛り土を決めた時の会議録が残っていないのはなぜか。意図的に会議録を残さなかったのか、あるいは証拠隠滅ともいうべき廃棄をしたのか明らかにされていない。このような点を明らかにせず、豊洲の問題点を踏まえた都政の改善は期待できない。都民の関心はすでに薄れたようで、今後の見通しは、専門者会議が空間の安全を保証し、業者への理解を得て新市場開設である。結局、延期に都税が使われたことだけが残るのではないか。